小島卓也オフィシャルサイト

内定ゼロで就活に失敗した大学生がネット起業し、会社に雇われることなく自由なライフスタイルを手に入れたブログ

財布を無くしました

      2017/06/12

identity-theft-what-to-do-if-your-wallet-is-lost-or-stolen

 

こんにちは、小島です。

 

昨日のことですが、
財布を無くしてしまいました。
 

頭の中が真っ白になる

 

朝10時ごろにカフェに入り、
打ち合せが12時ごろに終わったので
店を出ようとカバンの中から
財布を取り出そうとしたら…
 
 
なんと財布がなかったのです。
 
 
あるはずのものがないと、
人間ビックリして
頭の中が真っ白になり、
思考停止してしまうんですね。
 
 
正直、何が起こったのか
3分ほど整理できませんでした。
 
 
(朝、電車の中で落としたのかもしれない?)
 
(でも、財布を触ってないよな…?)
 
(そもそも、家に置いてきたかも?)
 
(そうであればすぐに帰った方がいいかな…)
 
 
などなど、考えれば考えるほど不安になっていき、
仕事に集中できなくなっていきました。
 
 
カフェ代はなんとか知り合いに
出してもらうことが出来たのですが、
 
12時以降をどうやって過ごせばいいかを
とにかく考えました。
 
 

家に帰って確認するか、
それともこのまま過ごすか…

 
 
で、最終的に僕が下した決断、それが
 

 
家に帰らず、知り合いから
3000円借りて一日を過ごす
 


 
でした。
 

瞬時に判断を下す


 
正直、悩んだところで
解決しない問題だと判断し、
開き直ってしまったのです。
 
 
仮に財布を落としていたとしても
どこに落としたかもわからないし、
盗まれていたら一生返ってこないでしょう。
 
 
拾った人がとても親切で
警察に届けてくれていたら
そのうち警察から電話が来ます。
 
 
家に置いてあったら
尚更ムダな悩みになってしまいます。
 
 
だからと言って家に取りに帰るのは
時間・お金・労力がムダになります。
 
 
なので、僕は一番の最善策である
 


知り合いからお金を借りて一日を乗り切り、
家に帰っても財布がない場合は警察に連絡する


 
という最終判断を下したのです。

 

財布を無くして気づいた2つのこと

While millions of Brits swap sun hats for brollies this resourceful frog was snapped sheltering from the rain – using a leaf as an UMBRELLA.  See NTI story NTIFROG.  Snapper Penkdix Palme (corr), 27, caught the tiny tree frog sheltering from the rain in his neighbour's back garden.  The aquaphobic amphibian clung on to the stem of the green leaf for a staggering 30 MINUTES as it was lashed by wind and rain.  In the amazing series of photographs, the two-inch high frog appears to angle the makeshift umbrella towards the direction of the fierce downpour.  Huge droplets of water gather at the bottom of the leaf and surrounding branch while the clever frog remains dry.  Talented Penkdix, who only took up photography six months ago, said he was shocked when he stumbled upon the unusual scene in his hometown of Jember, East Java, Indonesia.  Credit: Penkdix Palme / Newsteam

 

結論から言うと、
この判断は正解でした。
 
 
家に帰ったら財布が
ベッドの上に置いてあったのです!(笑)
 
 
結果的には【いい判断】でしたが、
もし、財布をどこかで落としていたら
色々と大変だったでしょう。
 
 
クレジットカード、免許証などを
再発行しなければいけないですし、
警察にも届け出をする必要があります。
 
 
ですが、僕は知り合いから
一時的にお金を借りて
一日を過ごすという判断を下しました。
 
 
もちろん、限られた額で
一日を乗り切らなければいけなかったので
制限はありました。
 
 
財布を持たないと色々と不便です。
 
 
今回の失敗から僕が学んだことは
 
■持ち物は常にチェックすべき
■財布を無くしても困らないくらいお金を稼ぐ必要がある
 
ということです。
 

 

032


 
たとえ財布を無くして
どうしようもなくなった時でも
お金を稼ぐスキルがあれば生きていくことが出来ます。
 
 
万が一に備えて、お金を稼ぐスキルを
身につけておくべきでしょう。
 
 
 
そして、最後に伝えたいことは
 
【財布は無くさないように注意しましょう】
 
ということです(笑)
 
 
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

PS

 

無料メルマガでは、僕のリアルタイムの出来事が
あなたのアドレスにすぐに届きます。

 

解除もかんたんに出来るので、
この機会にぜひ登録してみてください。

 

⇒無料メルマガはコチラ

LINE@バナー

メルマガ登録

 - その他