小島卓也オフィシャルサイト

内定ゼロで就活に失敗した大学生がネット起業し、会社に雇われることなく自由なライフスタイルを手に入れたブログ

一流と呼ばれる人の5つの共通点

      2017/06/12

itiryuu-yoko

 

んにちは、小島です。

 

ビジネスをやっていると、

「自分よりスゴイ人はたくさんいるな」

と、痛感することが日々あります。

 

それが

収入なのか、
人脈なのか、
人間性なのか。

 

基準は様々ですが
自分のレベルの低さを思い知らされる機会があります。

 

ビジネスの世界だけでなく、
スポーツ、勉強、芸能など
様々なジャンルでも一流の人がいます。

 

では、一流と呼ばれる人は
いったい何が違うのでしょうか?

 

一流と呼ばれる人の共通点

Weight Lifting businessman

 

一流と常人は何が違うのでしょうか?

 

才能でしょうか?

 

努力でしょうか?

 

生まれた時から人生は決まっているのでしょうか?

 

それだったら、僕のような凡人は
生きている意味がないです。笑

 

そこで今回は、

「一流と呼ばれる人の5つの共通点」について書いていきたいと思います。

 

1.失敗を恐れない

main_image

 

一流の人は失敗を恐れません。

 

「いやいや小島さん、
 そんなこと言ったって失敗するのは怖いし、イヤですよ」

 

たしかに、失敗することは怖いです。

 

できれば失敗したくない。

 

そして、それは人間なら誰しもがそう思います。

 

もちろん、一流の人が最初から失敗を恐れていなかったかというと、
そんなはずはありません。

 

なぜ、失敗を恐れなくなる状態になれたか?

 

それは、

多くの失敗をし、
そこから学び、小さな成功体験を積み重ねて
「不安」を「自信」へと変えていったからです。

 

 

student_success

 

面白いもので、
人は何かにうまくいくと自信がつきます。

 

これはどんなにささいなことでも大丈夫です。

 

たとえば、
朝早起きするのが苦手な人が
朝早く起きれたら、これは成功です。

 

自転車を乗れるようになったときを思い出してください。

 

あなたは初めから自信がありましたか?

 

「俺は絶対に失敗しない」
「やればできるでしょ」

 

そんなことは思わなかったはずです。

 

でも、いまは自由自在に
自転車に乗ることは出来ますよね。

 

それはなぜかというと、

自転車に乗るという挑戦をして、
何度も転び、何度も失敗し、
何度も立ち上がって自信をつけていったからです。

 

e1430954470146_1

 

小さな成功を繰り返すうちに
心に余裕を持てるようになります。

 

心に余裕がある人は失敗を恐れなくなります。

 

そして、ここでいう余裕がある人とは、

「自分は死ぬ気でやったと言い切れるくらい、一生懸命やり切った人」

のことを言います。

 

ひとつのことに集中し、
一点突破できれば
その先に余裕が生まれるのです。

 

また、周りの目が気にして動けないパターンもあります。

 

「失敗したら笑われそう」
「○○に悪口言われるのがやだ」

 

正直、そんなことはどうでもいいです。

 

人はあなたのことを
そこまで気にしていません。

 

ニキビで悩んでいる友達がいたとしても
悩んでいるのはその人自身だけで
まわりはそこまで気にしていないのと一緒です。

 

周りを気にすることなく、
自分を信じて突っ走る。

 

その先に余裕がうまれ、
不安が自信へと変化してきます。

 

この状態までくれば
何事も成功しやすくなり、あなたも一流の仲間入りです。

 

2.孤独に耐える

sky-758182_640

 

「孤独に耐える」とは、どういうことでしょうか?

 

そもそも、人間は環境の生き物です。

 

環境が人を作り、人が環境を作ります。

 

「東大に行きたかったら
 東大を目指す人が集まる学校に行く」

 

「ビジネスで成功したかったら
 ビジネスで成果を出している人がいる環境で学ぶ」

 

すごく当たり前のことです。

 

良い環境に属することはとても大事ですが、
環境が良すぎると馴れ合いになり、
それはそれで自己成長が止まってしまいます。

 

そして、環境がなくなったとき、
人は孤独を感じ、何も出来なくなってしまうのです。

 

一流と呼ばれる人には
孤独に耐える力があります。

 

では、どのようにすれば孤独に耐える力がつくでしょうか?

 

ビジネス、スポーツ、芸能など、どの分野でもそうですが、
一つの事柄に対して取り組んでいる時間が長いこと
ひとりで向き合っている時間が多い人は孤独に耐えられるようになります。

 

82ac13c3078d826106748f0d14ebb222

 

イチロー選手は、公の場でも一生懸命練習をしますが、
ひとりで陰ながら素振りをしている時間も長いでしょう。

 

 

人一倍の努力とか言ったりしますが、
人一倍の“陰ながらの”努力がさらに重要です。

 

当たり前ですが、
その分野に携わっている時間が長ければ長いほど
孤独の時間も増え、自ずと忍耐力もついてきます。

 

「継続は力なり」ということわざがあるように、
まずは一つのことを続けることは
一流になる基礎となるでしょう。

 

3.宙ぶらりんの状態に耐える

20160129232244-cat-animal-motivation-nature-mammal-pet-hang-in-there

 

目的が決まっている人は全力で走れます。

 

それは、自分がやっていることに確信を持てているからです。

 

ただ、本当に目指すべき目的というものは
全力で走らないと見えてこないのです。

 

でも、目的がないと走れません。

 

すごく本末転倒で、矛盾していますよね。

 

この状態を「宙ぶらりんに耐える」と表現しています。

 

これは一流の人も一緒です。

 

「本当にこのままでいいのだろうか」
「もしかしたら間違っているんじゃないか」

 

そのような葛藤と戦いながら、
目標に向かって進んでいるのです。

 

あるひとつの方向性(ベクトル)を定めて、
そこに向かって一直線に走ることが
目的が明確になる近道です。

 

抽象的な表現ですが、
ベクトルとか、核とか、言語とか、文化を決めることが
目標設定には必要になります。

 

4.モチベーションで動かない

He did great career jump

 

これは基礎の基礎ですが、
一流の人はモチベーションに左右されません。

 

イチロー選手が

「今日はモチベーションが上がらないから
 試合に出るのはやめよう」

なんてことにはならないですし、

 

赤ちゃんをもつ母親が

「今日はモチベーションが上がらないから
 オムツの交換はしない」

なんてことはあり得ないですよね。笑

 

baby_mother01

 

家族をもち、一家の大黒柱として働いているお父さんであれば

「今日はモチベーションが上がらないから
 満員電車にのって会社に行くのはやめよう。
 マンガ喫茶でワンピースでも読んでいよう」

なんてことにはならないのです。

 

ここまでならまだいいのですが、
さらに最悪なことがあります。

 

感情に左右される人は、

なぜ、それがうまくいったのか、
なぜうまくいかなかったのか、

自己分析ができないのです。

 

これまたイチロー選手の話ですが、
イチロー選手が試合後のインタビューで

「今日はなんとなくホームランが打ててしまいました」

と言っていたらどう思いますか?

 

理屈なし、自己分析なしで
あれだけの結果を残せると思いますか?

 

おそらく、答えはノーです。

 

自分を把握できる人は伸びやすいです。

 

一流の人、モチベーションに左右されない人は
必然性で動いています。

 

「これだけやらないと気持ち悪い」

と思えるくらいになれたら
あなたはモチベーションに左右されない状態になっていると言えるでしょう。

 

5.奪うではなく、与える

waystogive_diamondchildrens

 

ビジネスとは、お悩み解決の提案です。

 

お金を稼ぐためには、
何かしらの価値を提供しなければなりません。

 

そもそも、お金というものは
信頼の代替物であり、

価値の交換によってビジネスは成り立ちます。

 

お金の概念については
過去の記事を参考にしていただければと思います。

⇒学校では絶対に教えてくれないお金の概念について

 

そして、人への貢献度が高ければ高いほど、
稼ぐ金額に現れてくるものです。

 

アップル創業者のスティーブ・ジョブズも
世界中の人にiPhoneという画期的な製品を提供し、
影響を与えたから
あれだけ大富豪になれたのです。

 

一流のスポーツ選手も
多くの人に感動という影響を与えているから
それなりに報酬をもらえていますよね。

 

とにかく、与えること。

 

「自分に与えられるものはどれくらいあるのか?」
を考えることも大事です。

 

今までの知識、経験、スキルなど
必ず何かしらあるはずです。

 

自分の可能性を閉ざさず、
まずは自分を知ることから始めていきましょう。

 

20130925100051741

 

いかがでしたか?

 

今日は

「一流と呼ばれる人の5つの共通点」を列挙してきました。

 

僕自身も、まだまだ一流ではありませんが、
ひとりの人間として、
まずは5つのことをしっかりと意識していきたいと思います。

 

長くなりましたが、
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

PS

無料メルマガでは

「経済的・時間な自由人になるための考え方」を日々配信しています。

 

メルマガ読者限定の発信もしていますので、ぜひ登録してみてください。

 

⇒今すぐ無料メルマガに登録する

LINE@バナー

メルマガ登録

 - マインドセット