小島卓也オフィシャルサイト

内定ゼロで就活に失敗した大学生がネット起業し、会社に雇われることなく自由なライフスタイルを手に入れたブログ

この世で最も効率がいいビジネスモデル、DRMの極意

      2017/06/12

businesswoman and plan business strategy

 

こんにちは、小島です。

 

今日は僕がやっている

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)

というビジネスモデルについて説明していきます。

 

このDRMというビジネスモデルを極めれば、
ネットビジネスでも、リアルビジネスでも
うまくいってしまいます。

 

とくに、ビジネス初心者にとっては
とても効率的なスキルになってくるので、
必ず最後までしっかりと読むよう、よろしくお願いします。

 

そもそも、DRMとは何か?

shutterstock_328216631

DRMとは、Direct Response Marketing
ダイレクト・レスポンス・マーケティングの略です。

 

相手の反応をうかがいながら、
直接的に商品を作成・販売していく手法のことを言います。

 

 

ふつう、商品を売る場合は、
こちら側から仕掛けて売り込む営業スタイルが一般的です。

 

 

飛び込み営業とか、プッシュ型営業と言ったりもします。

 

 

まったく興味を持っていないお客さんに対して
売り込むのです。

 

 

例をあげると、

・マンションのビラ配り
・駅前のポケットティッシュ配り
・訪問販売

などがプッシュ型営業に該当します。

af9970014076w

 

あなたが家に帰ってポストをあけたとき、
興味のない出前のチラシ
買う気がない不動産の広告が入っていたら
イラっとしますよね?

 

駅前のティッシュ配りも一緒です。

 

 

ティッシュならまだ受け取るかもしれませんが、
配られているのが紙切れだけだったら
僕ならうけとりません。

 

 

ゴミになりますからね。

 

 

見ただけでもわかるかもしれませんが、
プッシュ型営業はとにかく効率的が悪いです。

 

 

しかし、DRMはそれとは逆で、
興味を持ってくれたお客さんにだけ
商品を販売していきます。

それでは、DRMの仕組みを解説していきます。

 

【DRMの極意】1.集客

seo1

 

DRMの仕組みは3つしかありません。

①集客
②教育
③販売

の3つの要素から成り立っています。

 

 

一つ目の集客とは、
「見込み客を集めること」を意味します。

 

 

例えば、あなたが不動産の営業マンだとします。

 

 

マンションを売りたいのに、
引っ越したばかりの人や、
すでに家を持っている人に対して
声をかけても意味はありませんよね。

 

 

また、不動産に興味があるということは
ある程度お金を持っている人なので、

学生や主婦をターゲットにしても意味がありません。

 

 

ここで重要なことは、

あなたの商品に興味があり、
将来的に
買ってくれそうな人を集めることです。

 

 

そして、商品を買ってくれそうな見込み客を集めることが出来たら、
次に重要なことは顧客リストの獲得です。

 

 

この業界ではよく、「リストを取る」と言われます。

 

 

インターネットビジネスでのリストとは、
「メールアドレス」を指します。

 

 

江戸時代の商人は、自分の家が火事にあったとき、
お金を持って逃げるのではなく、
顧客の情報が書かれた「帳簿」を持って逃げたと言われています。

 

 

ネットビジネスでいうメールアドレスですね。

 

 

江戸の商人は、顧客の情報こそがビジネスにおいて
最も重要だと知っていたんですね。

 

 

そして、見込み客のメールアドレスを取ったら
次はそのリストに対して「教育」していきます。

 

【DRMの極意】2.教育

155774506

 

見込み客を教育していく理由としては
信頼関係を作るためです。

 

 

あなたのブログやSNSに初めて訪れたお客さんは
あなたのことを疑っています。

 

 

「そもそも、あなたは誰ですか?」

「私に何の用なんですか?」

 

このような状態です。

 

 

なので、お客さんと信頼関係を築いていく必要があるのです。

 

 

たとえば、あなたが今まで一度も会ったことがない人から
「これ、買ってくれませんか?」と言われたら
あなたは「はい」と言って買いますか?

 

 

おそらく、怖くて逃げるでしょう。

 

 

その状態を回避するために
見込み客に少しずつアプローチして
信頼関係を構築していくのです。

 

 

相手が価値を感じるであろう情報を提供したり、
喜んでもらえるようなプレゼントを渡すのです。

 

 

細かいことですが、
こういうことを繰り返していくうちに
お客さんから信頼され、
最終的に商品を売りやすくなります。

 

【DRMの極意】3.販売

when-to-sell

 

ここまで来たら、あとは見込み客にセールスするだけです。

 

 

お客さんはあなたのことを信頼し、
「今すぐあなたから商品を買いたい!」という状態になっています。

 

 

ただ、「買ってください」とひとこと言うだけでは
見込み客は買ってくれないので、
コピーライティングというスキルを使って
セールスしていきます。

 

 

文章だけで売るスキルですね。

 

 

また、文章だけでは成約率が低いので、
口頭で商品をうるパブリックスピーキングというスキルもあるといいです。

 

 

この辺に関してはある程度の練習が必要になります。

 

 

・セールス
・コピーライティング
・パブリックスピーキング

 

この3つのスキルは億を稼げるスキルと言われているので、
一つだけでもいいので、あなたが得意なスキルを身につけていきましょう。

 

 

いかがでしたか?

 

 

今回の記事では、

「DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)」

について詳しく説明してきました。

 

 

インターネットでモノや情報を売るのであれば
必ず取れ入れておくべきマーケティングスキルになります。

 

 

すぐには体得できないかもしれませんが、
少しずつでいいので、実践していくといいですね。

 

 

僕の無料メルマガでは、
今日紹介したDRMの基礎はもちろん、

セールスコピーライティングや
パブリックスピーキングについても
読者限定で教えています。

 

 

登録すると、

「人の心を自由自在に操る禁断のコピーライティングテクニック」(悪用厳禁)

をまとめた資料(160ページ)を差し上げていますので、
この機会にぜひ、登録してみてください!

 

⇒【悪用厳禁】今すぐ無料で資料をうけとる

 

 

LINE@バナー

メルマガ登録

 - マーケティング