小島卓也オフィシャルサイト

内定ゼロで就活に失敗した大学生がネット起業し、会社に雇われることなく自由なライフスタイルを手に入れたブログ

日本に生まれただけで幸せである

      2017/06/12

20131213075850-Cambodian-children-03

 

こんにちは、小島です。

 

先月の4月末に一週間ほど、
カンボジアに行ってきました。

 

慈善事業の一環として、
カンボジアに学校を建設するプロジェクトに携わらせていただいたのですが、

(とはいっても、少額を募金したくらいで、特に何もしていませんが。笑)

ようやく学校が出来上がったということで、開校式に立ち会いに行ったんですね。

 

コチラが実際の写真です。↓

Image_c557784

 

Image_060a769

 

Image_6db665d

 

とまあ、こんな感じです。

 

正直、学生時代の僕と言えば、
自由気ままに海外をフラフラと旅をしていて、
あまり募金とか、ボランティアとかの慈善事業には興味なかったわけですが、

ビジネスを始めてから、

「お金を稼ぐだけでは意味がない」ということを教えてもらい、
今回、いろんな人の支えがあって、このプロジェクトに携わらせていただけました。

 

カンボジアの表と裏

Image_2fc046c

 

僕自身、カンボジアに訪れたのは今回で2回目ですが、
2014年の2月に訪れた時と比べて、
かなりの経済成長をしているな~と実感しました。

 

首都プノンペンのは、でっかいイオンモールが出来ていました。

 

カンボジアと聞くと、
アジアの中でも貧困な国という印象がありますが、
それでも都市部の発展はすさまじく、

高層マンション、コンドミニアムなどが
バンバン建設されているんです。

 

これがイオンの中です。↓

 

Image_eb8b00a

 

すごいですよね。笑

 

もう、日本とほとんど変わらない状況です。

 

トイレもめっちゃキレイでした(笑)

(TOTOさんすごい!)

 

都市部の経済発展はすごいのはわかりましたが、
これはカンボジアの表の部分にすぎません。

 

田舎のほうにいけば、
もちろんまだまだ貧しい生活をしている人はたくさんいます。

 

田舎で生活している子供たちは
日本と比べたら恐ろしいほど
生活水準が低い環境下で生活しています。

 

トイレはありません。

テレビもありません

ベットもありません

水も安心して飲めません

風呂も入れません。

 

もちろんすべての家がそうではありませんが、
酷い場所は本当に何もない家ばかりでした。

 

そこで感じたこと、それは

「日本に生まれた時点で幸せである」

ということです。

 

日本に生まれただけで「運がいい」

 

IMG_0127

 

アフリカや南米などの発展途上国では、
コンビニなどあるはずありませんし、満足にご飯を食べられない状況です。

 

東南アジアの国々でも、子供はゴミ山をあさって、
そこからお金に換金できるような鉄クズを拾い集めて生活費を稼いでいます。

チョコレートなどのお菓子すらまともに食べられない子供もたくさんいます。

 

日本は世界水準でみればかなり恵まれた国です。

 

経済水準を表すGDPは
アメリカ、中国に次いで世界第3位。(都市別GDPでは東京が世界第1位)

 

東京などの都市部では、時給1000円以上のバイトが山ほどあるので、
それだけでも月に15~20万は稼げてしまい、生活していけます。

 

たとえ貧乏で、食べるものに困ったとしても
コンビニで働けば廃棄用のおにぎりなどを手に入れることができます。

 

飲食店でバイトをすれば、まかないだってもらえます。

 

そうなのです。

 

日本で餓死することは不可能なんです。

 

もっといえば、働かなくても生活は保障されているんです。

 

どういうことかというと、
働きたくなかったら生活保護を申請して、
国からお金をもらえばいいだけですから。

 

刑務所に入っても3食出てきます。

 

むしろ、刑務所の中のほうが悠悠自適な生活ができるかもしれません(笑)

 

日本に生まれただけで、世界基準で考えれば勝ち組に入ります。

 

勝ち組といういい方はあれかもしれませんが、
少なくとも「運がいい」と言っても過言ではありません。

 

幸せを感じられない日本人

f38fe5fe608b579a31b91a3fe6d8a772-640x426

 

これだけ運がよく、幸せをつかんだ日本人ですが、
幸福度は極めて低い。

 

自殺者数は世界一。

 

経済的には、とても豊かで幸せであるはずなんですが、
幸福度はものすごく低いのです。

 

仕事がつらい。

働きたくない。

お金がなくて貧乏である。

 

そうネガティブに感じてしまうのは、どうしてでしょうか?

 

それは、

「他人と比べて生きているから」

だと、僕は思います。

 

友だちがiPhoneを持っているから自分もほしくなる。

先輩が大企業に就職したから、自分も目指す。

 

これは一部の例ですが、他人と比較して生きていると、
いつまでたっても幸福度はあがりません。

 

大切なことは、自分がどう在りたいか。

 

これに尽きます。

 

帰る家があるだけで幸せと感じられるか。

 

毎朝起きたら、お母さんが
ご飯を作ってくれていることに感謝できるか。

 

あったかい布団、美味しいご飯を
毎日食べられることに有難みを感じられるか。

 

こういう、細かいことだと思うんです。

 

「有難い」という字は、

「有ることが難しい」と書きますよね。

 

カンボジアの人達にとっては、
毎日ごはんを食べることは
めったにないこと、有難いことなのです。

 

幸せと感じる基準を下げることで、
幸福度はコントロールできます。

 

もし、

「自分はもっとお金がほしい」

「買いたいものがたくさんある」

「時間的な自由がほしい」

と思うのであれば、お金を稼げばいいだけです。

 

日本は民主主義、資本主義の国なので、
お金は稼げるだけ稼いでOKなのです。

 

これは国が認めていることですから。

 

だたし、税金をしっかりと払わないと刑務所行きになりますが。笑

(それもそれでありかも…)

 

「お金の稼ぎ方がわからんです」というあなたは、
ぜひ、僕のメルマガに登録していただければ

「パソコン初心者でもゼロから100万円を稼ぐネットビジネス攻略マニュアル(160ページ相当)」

無料でプレゼントしています。

 

その他特典も盛りだくさんですので、
この機会ぜひ、登録しちゃってください!

 

無料メルマガに今すぐ登録する

 

もっと世界に出ていくべき

Image_01934d6

 

日本だけでとどまっておくのは、本当にもったいないと思います。

 

若者はもっともっと、海外に進出していくべき。

 

べつに旅行でいいですよ。

 

でも、ハワイとかグアムとかの観光よりも、
どっちかっていうと途上国などの「二度と行こうと思わないような国」に行くことをオススメします。笑

 

実際、僕自身もイスラエルやイランなどの中東を旅して、
価値観がぶっ壊れました。

 

中東と聞くと、

「戦争」
「あぶない」
「殺される」

などのイメージを持つ人がいますが、
それはメディアに洗脳されているだけです。

 

どう違うかは、ここで説明することもできるのですが、
あなた自身で足を運び、目で見て、耳で聞いて、
自分で情報を取りに行ってほしいです。

 

まあ、いきなり中東とかアフリカを旅するのはハードルが高いと思うので、
まずは東南アジア諸国を一人で旅してみたらいいと思います。笑

 

海外旅行するにも、お金や時間に余裕がないとできないので、
結論、「稼ぎましょう!」ってことですね!(笑)

 

ではでは、今日はこの辺で。

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

LINE@バナー

メルマガ登録

 - 人生