小島卓也オフィシャルサイト

内定ゼロで就活に失敗した大学生がネット起業し、会社に雇われることなく自由なライフスタイルを手に入れたブログ

ホリエモンが提唱する“起業の4か条”をすべて満たす、情報ビジネスの全貌とは!?

      2017/06/12

ContentAnalytics_illustration2

 

こんにちは!小島です。

 

僕は今まで色んなビジネスに挑戦してきました。

 

中古のカメラ海外転売から始め、
アフィリエイトをしたり。

 

最近では、格安スマホ代理店事業や
投資も始めました。

 

その中でも、最も稼ぎやすく、
効率のいい商売が情報販売です。

 

今回は、この情報販売というビジネスモデルについて、
隠すことなくすべてを暴露しちゃいます。

(ほんと、これを知るだけでも100万円分くらいの価値があります。笑)

 

ホリエモンに学ぶ、起業して成功するために必要な4か条

img_87e8cc28922d6eb5bef31a9dc2ed3be5170611

 

これは昔、ホリエモンがブログで書いていた内容なのですが、

起業をするなら絶対に欠かせない4か条というものが存在します。

 

その4か条というのが、

 

・利益率の高い商売

・在庫を持たない商売

・定期的に一定額の収入が入ってくる商売

・資本ゼロあるいは小資本で始められる商売

 

の4つになります。

 

これらをすべて満たしているのが、
ネットビジネスであり、

実際ホリエモン自身も
プログラミングやアフィリエイトで起業をされました。

 

これは僕の考えですが、
アフィリエイトは利益率がとにかく低いので
オススメではありません。

 

で、ほとんどのネットビジネス初心者は
アドセンス広告から始めるのですが、
絶対にやめてください。

 

詳しくは過去の記事に思いをぶちまけているので、
そちらを読んでください。

【過去記事】アドセンスやってるお前、本当に稼ぐ気あるの?

 

物販も固く稼げるのでいいのですが、
在庫だったり、作業量に比例して売上が伸びるのでオススメではありません。

 

利益率も低いです。

 

そこで、僕がオススメしているのは、

・利益率100%、

・無在庫で、

・安定して収入が入り、

・資金ゼロで始められる。

 

ホリエモンが提唱する4か条のすべてを満たしている
情報ビジネスなのです。

 

そもそも、情報を売るってどういうこと?

368046-635727237577036532_338x600_thumb

 

「情報を売る」

あなたは聞いたことがないかもしれません。

 

でも、世の中には
情報を売って商売をする職種はたくさんあります。

 

たとえば、お医者さん。

 

お医者さんは情報を売る仕事です。

 

イメージしてください。

 

あなたは、39度の高熱を出し、
風邪をひいてしまいました。

 

「このままじゃ死ぬ!病院に行こう…」

と、体調が悪い中、
死にもの狂いで病院まで歩いていきました。

 

受付をすませ、待合室で待っていると

「○○さ~ん、どうぞ~」

と、診察室まで案内されます。

 

お医者さん「どうかされましたか?」

あなた「風邪をひいちゃったみたいで…」

お医者さん「そうですか、そしたら、おなか出してください。」

と言われ、服をめくって
おなかに調音気をペコペコと当てられます。

 

お医者さん「風邪ですね。お薬出しときますね。お大事に。」

 

診察時間は、わずか3分。

 

診察料は1000円ちょっと。

 

これは、保険がきいているから1000円ちょっとで済みますが、
お医者さんにはこれよりも大きな額が入ってくるのです。

 

つまり、お医者さんは
この3分の診察で、
数千円を稼いでしまったのです。

 

エグいですよね(笑)

 

こりゃ~儲かりますわ。

 

医者の息子が医者を目指す理由がわかります。

 

だって、儲かるんですもん。

 

医者も弁護士も情報を売る仕事

doctor02

 

あなたは、これが

情報を売っている仕事だって気づきましたか?

 

というのも、お医者さん(この場合は内科)は
モノもサービスも提供していないんです。

 

お医者さんが提供しているもの、それは

「医学の知識(情報)」

なのです。

 

お医者さんに診察してもらっただけでは
病気は治りません。

 

薬局で薬をもらい、
それを飲んで(塗って)はじめて
病気は治ると思います。

 

つまり、お医者さんは

「この病気にはこの薬が適している」

という医学の知識を提供し、
その対価としてお金を稼いでいるのです。

 

情報を売るということは、そういう意味です。

 

理解できましたかね?

 

これは、弁護士も一緒です。

 

弁護士さんは、僕らが勉強したくない

「法律の知識」

を売って、その対価としてお金を受け取っているのです。

 

モノを作る時間もコストもかからないので、
もっとも稼ぎやすい、効率的な商売なのです。

 

これをインターネット上でやるのが
情報販売ビジネスになります。

 

個人がメディアを持ち、情報発信できる時代

maxresdefault

 

いまの時代、個人が簡単にメディアを持ち、
情報を発信できる時代なのです。

 

そのいい例がユーチューバー。

 

彼らは、YouTubeに動画を公開するだけで
月収1000万円という、

普通のサラリーマンだったら
一生かかっても稼げないような大金を稼いでいます。

 

そして、好きなことだけをして生きているのです。

 

“はじめしゃちょー”は僕と同い年ですが、
おそらく年収1億円を超えていると言われています。

 

では、ユーチューバーがやっていることは何なのでしょうか?

 

それは、情報発信です。

 

ユーチューブに動画を
あげることが全てではありません。

 

ブログ、フェイスブック、ツイッターなどを使って、
情報発信をしてお金を稼げばいいのです。

 

情報を発信すれば、
ファンが付きます。

 

ファンが増えれば、そこから情報商品を売ったり、
アフィリエイトしたり、なんでもできるようになります。

 

なので、まずは発信から始め、
そこからコンテンツを販売したりしていけばいいのです。

 

・コンテンツ作成の方法、

・具体的なコピーライティングのスキル、

・情報ビジネスをはじめるにあたって初心者がやるべきこと

などは、僕のメルマガ内で読者限定で発信しています。

 

登録直後にもらえるE-book、

「パソコン初心者でもゼロから100万円を稼ぐネットビジネス攻略マニュアル(160ページ相当)」には、

その具体的な内容がすべて詰まっていますので、
まずはそれを読んで実践していただければと思います。

 

→今すぐ無料メルマガに登録する

 

なにかわからないこと、質問などは
LINE@のほうで受け付けていますので、

そちらからお気軽に質問してくださいね!

 

LINE@バナー

 

それでは、今日はこの辺で。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

LINE@バナー

メルマガ登録

 - ビジネス