小島卓也オフィシャルサイト

内定ゼロで就活に失敗した大学生がネット起業し、会社に雇われることなく自由なライフスタイルを手に入れたブログ

バカでも出来る!インターネットに「お金の自動製造機」を設置する方法

      2017/06/12

What would you do if you won the lottery? Portrait of a very happy young man in a rain of money; Shutterstock ID 148789697; PO: lottery-winner-money-stock-today-tease-160108; Client: TODAY Digital

こんにちは!小島です。

 

昨日は、ふだんお世話になっている経営者と
銀座で飲んでました。

 

写真を撮るくせがないために
証拠となる写真がないのですが…(笑)

 

なかなか行かないような場所にいくと
とても新鮮で、ワクワクしますよね。

 

自分が知らないことを知ったときに
僕は快感を得るみたいです(笑)

(なんかヤバいこと言ってるような…笑)

 

まあ、つまりは

「ああ、こんなのもあるんだな」

「こんなところで買い物したいな」

「こんなお店でご飯食べたいな」

みたいな感じで
イマジネーションが豊かになり、
新たな目標ができていい循環が生まれるわけです。

 

これは僕がビジネスを続ける信念でもあります。

 

海外に行くのも、
自分の知らない世界を知りたいという欲望を満たすためです。

 

高級ブランドを買うのも
別に必要ではありませんが、
とりあえず買ってみて経験したい。

 

ただそれだけです。

 

「お金があるけど買わない」

のと

「お金がないから買えない」

では全く違いますからね。

 

お金はあればあるだけいいです。

 

だって、今あなたが働いているのも
お金を稼いで、生活するためでしょ?

 

「いや、私はお金なんて必要ないんです!」

なんていう人は、
ただの嘘つき、もしくは
自分に素直じゃない人って僕は考えます。

 

欲しいものを買うために
お金を稼ぐ。

 

食べたいものを食べるために
お金を稼ぐ。

 

いい暮らしをするために
お金を稼ぐ。

 

そうですよね?

 

たしかに、僕らが暮らす現代社会では
モノも安く買うことができ、
おいしい食べ物もかんたんに手に入れることができます。

 

この日本において
餓死することは不可能です。

 

なんの不自由もない生活を送ることができてしまうのです。

 

で、最近なんかは

モノをできるだけ減らし、最小限のモノで生活するミニマリスト

という生き方、ライフスタイルが流行ってきています。

 

僕自身も、できるだけ
モノを持たなくするよう心がけています。

 

買ってもどうせ捨てることになるし、
ムダ使いになるから買わなくていいか、と。

 

あなたもこんな経験、ありますか?

 

・バーゲンセールで買った服、
 一度も着ることなく
 クローゼットの奥にしまったまま…

・本屋でたまたま目にとまった本を
 買ったはいいものの1ページも読んでない…

などなど、一度くらいは経験したことがありますよね?

 

image

 

全員が全員そうじゃないと思いますが、
こういう風にムダ使いをしたことはあると思います。

 

いちど失敗するだけならいいのですが、
人は、この失敗を繰り返してしまう傾向が強いです。

 

とまあ、前置きが長くなりましたが、今日は

「自分がやりたいことを自由にできる状態になるためにはどうすればいいか」

についてお話ししていきます。

 

自由を手に入れるためのたった1つの条件とは?

aids-1886383_960_720

 

いくら頑張っても
一向に自由が手に入らない人。

 

頑張れば頑張るほど結果を出し、
自由に近づく人。

 

あなたは、どっちの人になりたいですか?

 

僕はビジネスをやる上で、

「自分のやりたいことをいつでもできる状態を目指す」

ことを信念にしています。

 

ここで言う「いつでもできる状態」とは、

①経済的自由
②時間的自由
③場所的自由

この3つを手に入れたときの状態です。

 

これらの自由を手にできれば、
六本木のタワーマンションに住むことも
毎日高級料理を食べることもできます。

 

空いた時間は趣味に没頭してもいいし、
気分転換に温泉に行っても構いません。

 

日本にいるのが退屈なのであれば
世界を旅行しながら
生きていく人生でもありです。

 

家族との時間を大切にし、
家で好きな時に仕事をする生活もいいですよね。

 

週末、街が混んでるときに買い物をすることなく、
平日の真っ昼間にショッピングする。

 

どんな生き方でも自由に選べます。

 

Fotolia_60254477_Subscription_Monthly_M

 

そんな人生なライフスタイルに憧れて、
自分の人生を変えようと努力する人を見かけますが、

 

ちゃんと成果をだし、
すぐに自由を手に入れる人もいれば、

働く時間だけが増え、
一向に自由に辿り着けない人もいます。

 

なぜ、このような違いが生まれてしまうのでしょうか?

 

どうすれば、僕らは自由に近づけるのでしょうか?

 

この答えはものすごくシンプルです。

 

その方法とは、

「働かなくてもお金を稼げる仕組みを作る」

ということです。

 

インターネット上に「お金の自動製造機」を設置する

cropped-Business-People-and-Gears-01-1118x538

 

例えば、月収100万円を稼ぎたいなら

「2万円の商品が1日1個~2個売れる仕組み」

を作ればいいのです。

 

これだけも
生活にかなり余裕が出るので、
欲しいものを買えるようになります。

 

「100万円なんて、そんなの難しいですよ…」

と思うのであれば、まずは
目標として月10万円でも20万円でもいいです。

 

「2万円の商品を3日に1個売れる仕組み」

だけで充分です。

 

そうでなくとも

「5万円の商品を月に4個売れる仕組み」

「10万円の商品を月に2個売れる仕組み」

「20万円の商品を月に1個売れる仕組み」

こういう形でも良いのです。

 

ユニクロとルイヴィトンの違い

louis-vuitton-monogram-icons-Louis_Vuitton_Monogram_Icons_DIJ

 

もしかすると、あなたは

「2万円もする商品なんて売れるはずがない」

と思っているかもしれません。

 

でも、世の中を見渡してみれば、
そのくらいの値段の商品や、
それより高い商品なんて山ほどあります。

 

ユニクロで服を買えば
安いのだと1000円くらいから買えるでしょう。

 

でも、同じ服なのに
ルイヴィトンで買うと
10万円以上もすることになります。

 

素材をたどれば
ユニクロの服もヴィトンの服も綿ですよね(笑)

 

ブランド品のバックや時計でも
50万~100万円するものはたくさんあります。

 

僕の先輩経営者は
4000万円の時計をつけていました。

 

要は、どんなに高くても買う人はいるのです。

 

欲しい人がいるから、
値段に関係なく商品が売れます。

 

そう考えると、2万円の商品を売ることは
それほど難しいことではないような気がしてきませんか?

 

まあ、実際むずかしくないです。

 

ここでふたつの疑問がでるでしょう。

 

「商品を買う人が減っていんじゃないか…」

「自分がそんな高い商品を売ってもいいのか…」

という悩みです。

 

インターネットビジネスは飽和しないのか?

20110322_1379564

飽和を恐れる人もいますが、
インターネットビジネスの需要は
これからもドンドン伸び続けていきます。

 

日本のネット人口も1億人以上いますし、
今後生まれてくる人も
インターネットの世界に入ってきます。

 

Amazonや楽天のように、
インターネットで物を買う人たちも以前より増えてきましたが、

まだまだネットショッピングをしたことがない人もたくさんいます。

 

市場規模もこれから伸びていくので、
そんな簡単に飽和するようなことはありません。

むしろ、会社で選ばれし人しかなれない
課長、部長、社長を狙うほうがよっぽど飽和状態です。

 

他の人から商品を買ったから
あなたからは買わないこともありません。

僕もこれまで色んな人、色んな場所で
商品を買った経験は普通にあります。

 

自分なんかが他人に売ってもいいのだろうか?

Version 2

 

ネットで商売をやりはじめると、
だれしもが必ずぶつかる壁、それが

「自分なんかが1万円で人に売ってもいいのですか?」

という悩みです。

 

結論からいうと、全然OKです。

 

まったく問題ありません。

 

むしろバンバン売っちゃってください。

 

だって、会社員だってバンバン売っているでしょ?

 

それと一緒です。

 

規模が違うだけです。

 

保険の営業マンは保険を売ります。

 

不動産会社は不動産を売ります。

 

会社はみんなで売る、
フリーランスは個人で売る。

 

これが違うだけです。

 

それでも怖いという方は、
こう考えてみてください。

 

あなたの価値はいくら?

point

 

例えば、僕の話ですが、
僕は今まで25か国以上の国を旅してきました。

 

25か国旅したのですが、
英語ができなかったので留学して英語を学びました。

 

海外旅行にかかった総額は
かるく100万円を超えます。

 

留学の費用は50万円以上です。

 

海外旅行、留学を経験した結果、
旅のテクニック、ノウハウ、英語のスキルなどが身につきました。

 

僕自身のお金、時間、労力を使って得たものです。

 

それを1万円とか、2万円で売る価値はあると思いませんか?

 

もし、自分ではないと思ったとしても

「小島さんの旅のノウハウ、ほしい!」

「留学中に効率よく勉強する方法を教えてください!」

という要望があれば、それを商売にすることは可能なのです。

 

欲しい人に情報を提供する対価として、
お金をいただくのです。

 

あなただって、今まで生きてきた中で
お金とか、時間とか、労力を投資して
得たものは絶対にあります。

 

それが恋愛に関することなのかもしれないし、
映画の知識、カードゲーム、スポーツなど
なんでもかまいません。

 

ほかの人が誰も持っていない
あなだだけ持っているものが必ずあります。

 

あなたとまったく同じのような人生を歩んできた人なんか、
この世に誰一人としていないはずです。

 

仕組みを作ることはバカでも出来る!

baka-sticks

 

「いやいや、でも小島さん。
 仕組み作りって難しいんでしょう?
 頭良くないと出来ないんでしょう?」

って思ってるあなた、本当に申し訳ありません。

 

バカでも出来てしまいます。

 

むしろ、難しいことを考えないバカのほうがうまくいきます。

 

これはホリエモンさんも言っていることで、
バカと天才は紙一重だということです。

 

ズバ抜けた知能や才能はまったく必要ありません。

 

別に、その分野で一位になる必要もないし、
プロ並みのスキルを身につける必要もないです。

 

年商100億円規模のビジネスを目指すのであれば別ですよ。

 

でも、個人が食っていくくらいの稼ぎだったら、
そこまで複雑なことはありません。

 

たとえば、ブログで食っていきたいのであれば、

コピーライティング(文章術)
ウェブマーケティング(集客術)のスキルは
少しでも勉強しておいたほうがいいですね。

 

僕のほかの記事に
具体的な方法は書いてありますので、
合わせて読んでいただけると嬉しいです。

 

また、無料メルマガでは
ブログでは公開できないような極秘テクニックなども発信しています。

 

この機会にぜひ、登録してみてください。

 

⇒無料メルマガはコチラ

一生自分が働くか、一生ネットに働かせるか

How-To-Start-An-Online-Business

仕組みを作るのに、
10年も20年もかかるわけではありません。

 

正しい方法を学び、しっかりと取り組めば
1年以内には十分な仕組みが出来上がってしまいます。

 

この先何十年も誰かに雇われながら、
お金のために必死で働き続けるより、

いまから1年くらい頑張って、
その後の人生を存分に楽しめるのなら
頑張ってみる価値はあると思いませんか?

 

会社の給料を数十万アップさせることより、
よほどかんたんな方法だと思います。

 

実際に僕が教えてきた人のなかでも、
普通の学生やサラリーマンだった人が、

インターネット上に仕組みを作り、
会社に雇われなくても生きていっている人がたくさんいます。

 

そういう人たちに、
もともと才能があったわけではなく、

ただ単純にやるべきことを淡々とやっただけです。

 

なので、いま何もできない自分に
落胆しているヒマはありません。

 

大事なことは、

「過去」に執着するのではなく、
「現在」、そして「未来」をどう変えていくかです。

 

分からないことはちょっとずづ学んで、
1つずつ出来ることを増やしていけば問題ありません。

 

正しい方法を学べば、
最短ルートで自由を手に入れることができます。

 

ぜひ、あなたも
今すぐ行動して自由を手に入れてください。

 

今日はこの辺で。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

LINE@バナー

メルマガ登録

 - ビジネス